楽観的ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS FAIRY TRAIL びわ湖高島トレイルランニングin朽木 2015

<<   作成日時 : 2015/12/05 01:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今年のメインレース、妖精に会えるという「FAIRY TRAIL びわ湖高島トレイルランニングin朽木
距離40kmは自身最長距離。累積標高3000mはエントリーしてから気が付いたハードな設定
ですが、何とか完走できました
画像


ざっと流れにそって記録しておきたいと思います。

指定の駐車場から受付&スタート地点まではシャトルバス。
早速レッドブルを配布してます。ありがたいですね。
画像


6:30、制限時間11時間30分、目標7時間のスタートです。
画像


スタートからは舗装路の上り、スタートでは寒かったですが、すぐに身体は温まり、ジャケット脱ぎ脱ぎ。
その間追い抜かれて焦ったりしますが、これから始まる長い旅からすれば誤差です。

スタートから30分、渋滞でーす。
渋滞では前との差がどんどん開いていくので、あせっちゃいそうなところですが、順位やタイムにシビアでないので、気が楽です
画像


朽木スキー場に入り、何人か蜂に刺されていたようです
ポイズンリムーバーを持っている人もいらして、助け合ってました。持ってた方がいいですね。

その朽木スキー場、知ってる景色が出てきました。
数年前、MTBで走った記憶がよみがえります。キツかったー。
画像

ちなみにですが、天候は写真のようにどんより、時折雨です。なのでサングラスはアタマに装着しっぱなしでした。


で、第1エイド。10km地点 7:50 到着。
画像

バナナ、オレンジを頂いて再スタート。ここからドンドン上ります

蛇谷ヶ峰標高901.7m、12.5km地点 8:26 到着。
絶景はなく、スタッフの方に、「何も見えませんねー」というと、「幻想的な景色が広がっています!」
確かに!
画像


次の峠に向かってひた走り?歩き?、なかなか風が吹いていて、身体が冷えてきました。次のイクワタ峠911m付近の手前で、コースから少しそれた広場に。
後ろについてた人達もついて来そうだったので、「コースはあっちですよー」ジャケット着ながら、一緒に立ち止まってジャケット着る人と会話したりして再スタート。
画像


ここからは。ダーっと下り
下りはサングラスをかけてみましたが、すっかり曇ってしまって、もう今日はサングラスなし、再びアタマに装着。
滑って難しいところもありますが、気持ちイイところはガンガン走って、身体だいぶ温まりました

下り終わったら、名物?川です
画像

土嚢と大きめの石で渡る感じですが、滑ったりしたら嫌だったので、どっぷり足浸けました。
靴下はドライマックス。濡れ感がかなり抑えられて、気持ち悪くなくて良いですね。
画像



で、第2エイド。22km地点 9:57到着。
画像

ハイドレーションに水足して、オレンジとドーナツ頂き、更にレッドブルをチャージ!
ポケットのゴミをリュックに詰めたり、リュックのサイドポケットに補給食詰めなおしたり、態勢を整えて、再スタート!
画像



しばらく平坦舗装路を走ってからの、一気に700m上る、最難関です

250mくらいから上り始め、350mくらいで、かなり辛くなりはじめ。
視界も暗くなる。

あー、コレよくない。

しばらく何となく歩いてましたが、


ふと、スイッチオフ−−−−−−


コース脇の木にもたれてへたり込み、とりあえず何か食べようと、トレイルバーをモグモグ。
何気に目の前は、ロープも張ったる激坂。何人もがモグモグしてる僕の横を通り過ぎ、ロープ使ったり、足滑らせたり、上っていく。
食べて飲んで落ち着いて、再び歩き出す。

じっくり観察して、楽に上れそうなルート頂きました。

水と塩熱サプリなんかも補給して、回復してきました。えっちらオッチラ上ります。
600m過ぎで、臭いスペシャルドリンクも投入。

しかし、長い!

もう視界も元に戻り回復できたようですが、上りはキツイものはキツイ。
ペースは上がらない。
画像

画像


後続の方に先に行ってもらおうと、横にそれて止まって、下を見ると、後続の2人も止まった!
「みんな止まったら、行くしかないじゃないですかー」って笑いながら歩きだす
そして標高950位!
やっと到着〜かと思いきや、ニセピーク!しばらく下ったり上ったりの繰り返しで、白倉岳を目指す。

その途中!

ここが妖精ポイントの、台杉。
確かに不思議な雰囲気あります。
画像


そこから7分、白倉岳到着!28km地点 11:47到着。
画像


最高標高にして、後は下りの方が多いって事で、完走が見えて来ました。
しかし、風は強く、コースのマーキングテープが、めっちゃなびいてます。
画像


下りもなかなか厳しいのでペースは上がりませんが、だんだん滑るなりのコツがあるようなないような。
でも、どちらかと言うと追い抜いていく方。頑張りところです。

第3エイド。最後のエイド。33km地点 12:29到着。
名物若鮎の天ぷらはもちろん頂き、オレンジ、おにぎりと、レッドブル!
レッドブルは、カップで用意してくれていましたが、ちょうどなくなってしまったようです。やはりマイカップは持ってた方がよいですね。
画像

完走が現実味を帯びて、ポーズとる余裕が出てきてたようですね


いよいよゴールへ向けて、いくらか上りもありますが、下り基調。行くだけです。勢いよく下って、道を開けてくれたり、感謝しながら攻め、
残り2.5kmの平坦区間で、
ついに!

妖精現る!

右目のコンタクトが浮いた。
瞬時に目を閉じましたが、コンタクトはまぶたの外。

妖精の悪戯に違いない


あと少し、片目コンタクトなしで行くか?
でも基本下りだし、コンタクト入れよう。
って事で、風下に向かって倒木に座る。

手に泥がついてましたが、ハイドレーションの中は真水100%。ホースから垂らした水で指を洗う。やっぱ水あると安心ですね。
サングラスも水で流して、クリアな視界を確保。最初からそうしてサングラスかけてれば、コンタクト飛ばされなかったかもと反省しつつ。最後の再スタート。

コンタクトをはめてる間に先に行った人達には追いつけず、山を抜け、生活圏に。
近隣の方々の声援を受けつつ走ります。
ゴールは朽木中学校。最後の最後にコースプロフィールには現れない上り坂が。
ツライけど無心で足を前に出す。

すでにゴールして帰路に着く選手から有難いお言葉、
「先後はトラック一周あります!」

思ったよりゴールが200m遠くなりましたが、13:46やっとゴール!
ゴールは鏑木さんに迎えられ、ちょっと感激です!
画像


ゴールの直後ももちろんレッドブル!
こんなにレッドブル飲んだ日は過去にありません
画像




7時間16分。目標には届きませんでしたが、途中の厳しいところも乗り越えて、当日のコンディションとしては出し切れた感じ。
残念ですが、充実しています。
画像


コースの断面図はこんなの(大会パンフより)
画像


お土産は、今日の為に用意してくれた、スペシャルラベルの鯖寿司。
画像


晩御飯の時間までに帰宅して、支えてくれた家族と一緒に美味しく頂きました


距離 40km
累積標高 3000m
タイム 7時間16分13秒
順位(40km男子) 157位/完走384名/出走496名

装備や携行食については、別途備忘録を書きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FAIRY TRAIL びわ湖高島トレイルランニングin朽木 2015 楽観的ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる